Translate into English

京都造形芸術大学のマンデープロジェクトで担当しているワークショップを紹介します。

前期の毎週月曜日には学科混合の1回生40人程度のクラスを担当していて、1~4限目までを使って合計9回のワークショップを行っています。
学科混合なので絵画系やデザイン系や映画、歴史遺産の生徒などバラエティ豊かなことと、クラスの生徒はずっと固定なので9回とも全く違うWSを考えるので中々ハードワークです…

「モノ好きカードバトル」は2週目に行った、自己紹介&お座敷系WS(笑)で、一見地味ですが一回やるとかなり頭を使って刺激になるWSです。

実際の様子はLA(ラーニングアシスタント)のさかもりがブログに書いたものを見て頂くとして、ここではコンセプト中心に書こうと思います。

http://mondayproject2017.blog.jp/archives/1536526.html

このワークショップは、自分の好きなもの、愛してやまないものと、他人の好きなもの、愛してやまないものとバトルしてどちらが愛しているのかを決めるカードゲームです。

簡単に言うと、お互い好きなものを自慢しあって熱意がある方が勝ちなのですが、「何で好きなのか?」をしっかりと第3者に伝えれたかどうかが勝負の鍵になります。

そしてジャンルは問わないので、野ぐそVS競走馬 とか、豆腐VSコルトガバメントとか、温泉VSマイケルジャクソンとか基本的にシュールな戦いになります。

ルールは説明し始めるとポケモンカード並みにややこしくなるので(笑)省きますが、大体飲み屋とかで自分の好きなこと話し出したら止まらない人とか、外見とは対照的なモノを偏愛してたりする人がいたりとかいますよね?そういった話をあえて聞きまくって、好きなものからその人のパーソナリティーを理解しあうのを目的に考えたワークショップです。

実際やってみて、今までよそよそしかった生徒達が自分の好きなことを一生懸命プレゼンしてさらけ出すことで、一つ壁が取り払われた感じがしたのと、思った以上にマニアックな生徒がいて後のワークショップもとても楽しみになりました(笑)

淀川テクニック 柴田

 

Pin It on Pinterest