Work shop「Reverse dessin」「Moving」「Fly not kite」

先日別府中央小学校でやった似てない似顔絵と飛ばない凧というワークショップをマンデープロジェクトでやってきました。 そして若干パワーアップしています。 ところでワークショップばっかり紹介してますが(笑)、僕は勿論作品を作るアーティストです。ただマンデープロジェクトはオリジナルワークショップをいくつか行うことが出来るので、自分のアートの経験を振り返って、方法論や理論を整理することが出来て僕的にもとても刺激的です。 写真付きの具体的な内容はこちら Sクラス 逆デッサン・飛ばない凧...

「ダサい論」カッコ悪いがカッコ良い国

今回はコラージュ川柳備忘録で触れていた「ダサい論」について少し書きます。 これはここ最近いくつかのアイデアとインスピレーションを捻り出した際、その過程で発見した副産物を寄せ集めた泥団子の様なもので、何回かに分けてポツポツと書いていきたいと思います。 「ダサい」という表現は一般的に悪い意味でよく使われます。 ダサいジャージとか、ダサい着こなし、ダサいジーパンなどファッション関係でよく使われる表現であるように感じますが、ちょっと語源を調べてみると...

コラージュ川柳 備忘録

2010年に始めたコラージュ川柳の紹介です。 当時僕が中之島4117というアートインフォメーシ ョン&サポートセンター(現在は閉館)から依頼を受け、郵便受けを使った展示の際考案したチープな知的一人遊びです。 コラージュ川柳のルールは簡単で、新聞もしくは印刷物の五文字と七文字を切り抜き、五七五と別々に組み合わせることで 元の記事とは全く違う内容の川柳を作るというもので、字余りなどは元の川柳に準じます。...

破壊工作 Destruction and creation

淀川テクニック柴田です。 続いて1月31日に田尻小学校で行った「破壊工作」というワークショップです。 物騒なタイトルですが、読んで字のごとく何かを破壊しそのパーツを使って何か生き物を作るというワークショップで、破壊と創造を一気に体験してもらう神様の様なワークショップです(笑) 狙いとしては「似てない似顔絵」「飛ばない凧」もそうだったのですが、作品を作る前の初期衝動のようなモノを味わってほしくて企画しました。...

1月23日飯田小学校 コラージュ川柳物語

淀川テクニック柴田です。 別府のWS紹介3回目は1月23日飯田小学校で実施した「コラージュ川柳物語」です。 このワークショップはコラージュ川柳を作り、その句からのイメージを動きとして表現するという中々ディープなワークショップです。 まずはコラージュ川柳のとは?という人はこちらから 良いコラージュ川柳は頭の中にその句の情景が浮かぶのですが、最終的にその情景を動きで表現します。 対象は1年生から6年生が混ざった混合グループといういつものマンデープロジェクトの大学生とは一味違うメンバーでした。頂いた時間も1限目~4限目という結構長丁場。...

ワークショップ「似てない似顔絵」「飛ばない凧」

  淀川テクニック柴田です。 2017年1月30日に別府中央小学校行ったワークショップの模様です。 淀川テクニックといえばゴミの作品!という印象があるのですが、実は京都造形芸術大学のマンデープロジェクトという授業で7年間ワークショップのFA(ファシリテータ)をしていたりします。 マンデープロジェクトではゴミを使ったワークショップも時々やるのですが、それ以上に僕自身がアートに目覚めるきっかけになった感情を呼び起こさせるような授業を大学一回生対象に前期の毎週月曜日に行っています。...

Pin It on Pinterest