大丈夫、大丈夫。

「大丈夫」「大丈夫だよ~」と言うことが多い。特にわが子に対してよく言う。 大丈夫、大丈夫。私もそうやって人に言ってもらえると、なんだかとても安心する。 この作品、「大丈夫、大丈夫。」というタイトルなんです。大丈夫、大丈夫。あなたもわたしも。何か色々不安なことはたくさんあるけどさ。 11日まで髙島屋新...

続きを読む

子連れで展覧会

現在、髙島屋新宿店で開催中の展覧会は11日までです。 髙島屋さんで展示をするにあたり、打ち合わせ時期はまだねんね時代だった我が子ですが、日本橋の搬出時にはもうズリバイを始め、新宿へ巡回した頃にはハイハイ、つかまり立ちをするようになりました。 搬入搬出では、自分の作業中には他の作家の皆さんに赤ちゃんを...

続きを読む

日本橋髙島屋は明日まで!

ただいま髙島屋日本橋店6階美術画廊Xで開催中のグループ展「treasure hunting 宝物を探しに」。猛暑の中見に来て下さった皆さん、本当にありがとうございました。毎日在廊したい気持ちではいますが、私は現在産後5ヶ月。赤ちゃんを連れての移動は、本当に親になってみないとわからない大変さです。さら...

続きを読む

原点と

大学の卒業制作に、この等身のFRP彫刻をつくった私。10年以上も前の作品だけれど、人と人とが合体して一つのフォルムになるスタイルは最近の作品にも大いに登場している。この時すでに気になる形を見つけていたんだなあ。...

続きを読む

一点ものの彫刻として

私が作品づくりをする上で使っているのは主に陶芸の世界と共通する手法だけれど、同じ形を量産せず、あくまでも一点ものの彫刻をつくっている。もちろん型も作らないので、複製品もない。一点一点、この手でつくり出している。...

続きを読む

七つ道具

年々、使う道具が減ってきた。使う材料も決まってきた。できるだけ道具は少なく、この手の跡がつく仕事が、いいなあ。...

続きを読む

土について

私の使っている土は、焼成すると真っ白になる。その白さが好きで学生時代からよく使っている。私は陶芸の知識は専門外なので、陶の手法で作品を作り続けるにあたって、陶芸と彫刻の境目をずっと考えていた。一点もので…釉薬を使わずに…色が塗れて…彫刻として自立して…と考えているときに今の手法にたどり着いた。真っ白...

続きを読む

忘れたくないこと

ターニングポイントとなったのは、とある手術をうけたこと。麻酔から目がさめて、朦朧とした意識で病室の壁を見た。その時とっても絶望的な気分だった私は、「気分が弱っているときは、やさしいものや明るいものだけを見ていたい。誰かのそばに寄り添って、何にも言わないけれど安心する、そんなものを作りたい」と思った。...

続きを読む

星のモチーフ

近年、星をモチーフにした作品を多く制作している。これには理由があり、私は子育てがうまくいかずに精神的にも肉体的にも追い込まれてしまった時期があった(今もそれは引きずっている)。そんな時、本当に消えてしまいそうな自分の心臓の中にある小さな小さな炎というか闘志というか、そういう類のものがどうか消えないで...

続きを読む

Pin It on Pinterest