茨木市ワークショップ「ゴミジナル工作」(淀テク環境論)

11月17日18日いばらき環境フェアでのワークショップ「ゴミジナル工作」をやりました。 これは淀川で淀テクが感じた初期衝動と作品制作を追体験してもらおう!という趣旨で始めたワークショップです。   素材はいわゆるゴミ、僕が淀川や沖縄や鳥取の海岸で集めた漂流物、前の週に近所の大正川で立命館大...

続きを読む

多摩川タマコ(ごみハンタープロジェクト)

世界各地のゴミを拾ってその場でゲリラ制作する ごみハンタープロジェクトの第2回目は多摩川 世界各地と言っても近場しか行けない完全自主企画なので遠出した時は制作のチャンス。 先日の日本テレビでの展示の合間にサクッと3日かけて作ってきました。 2005年に野宿して以来の多摩川、その辺りは当時は何も無かっ...

続きを読む

ごみハンタープロジェクト!(上田順平コラボ)

淀テク環境論も始まったところですが、新たな試み「ごみハンタープロジェクト」も始めました! 内容は結構シンプルで、日本各地に行ってご当地ゴミを拾い(ハント)してその場で作品を作るというもの。 今までと違うのは思いっきり現場で作品を作るところ。 実は初期の淀川テクニックでは当たり前のことだったのですが、...

続きを読む

淀テク〈プレ〉環境論1

淀テク目線の環境論を書いてみることにした。 環境論といえば「温暖化」や「海洋汚染」、「地球にやさしく」とか「持続性社会」などのキーワードも思い浮かぶ。 しかし、そんなことは全くお構いなしにピンポイントで必要な分だけゴミを拾って作品を作ってきた淀川テクニックがなぜ今環境論なのか? それは、なぜ淀川テク...

続きを読む

やんばる滞在日記 第11回 最終回 西野さんがやって来る!

12月7日 後はとにかく作業して仕上げるのみなのだが依然として進まない。。。   ところでこのプペル&魚の一番の見どころはプペルのマントだ。 ゴミがゴミのままファンシーな模様になっている。 実はこのテクスチャに行き着くまでが今回一番苦労した。 今回はネットでゴミを持ち寄ってほしいと呼び掛け...

続きを読む

やんばる滞在日記 第10回 山城建設さん

12月4日 タカアシガニは倉庫内で一旦完成 これで終わりではなくて、ここからがもう一山。 このデカい作品を800m程離れた噴水広場まで移動させなければならない。 実はこの展示場所メッチャいい場所なんやけど物凄い風が強いらしい… この風問題のせいでギリギリまで展示場所が決まらなかった。 風が物凄いって...

続きを読む

やんばる滞在日記 第8回

12月1日 淀川テクニックとして美ら海水族館にタカアシガニを設置予定、そして西野さんとのコラボ作品としてプペル&魚を旧塩屋小学校に設置予定なのだが、今までは2つとも美ら海水族館のある海洋博公園内の倉庫を間借りさせてもらって制作していた。 そして12月から新たな展開! なんとプペル&魚は12月1日に展...

続きを読む

やんばる滞在日記 第7回

22日 京都から、さかもり(というニックネームの子)が来てくれる 僕は京都造形芸術大学でマンデイプロジェクトという授業をしていた時の2017年度のアシスタントとして授業をサポートしてくれた生徒。 ワークショップ「逆デッサン」「移動」「飛ばない凧」 プペルはマンデイプロジェクトで作るねぶたの構造を応用...

続きを読む

Pin It on Pinterest