やんばる滞在日記 第11回 最終回 西野さんがやって来る!

12月7日 後はとにかく作業して仕上げるのみなのだが依然として進まない。。。   ところでこのプペル&魚の一番の見どころはプペルのマントだ。 ゴミがゴミのままファンシーな模様になっている。 実はこのテクスチャに行き着くまでが今回一番苦労した。 今回はネットでゴミを持ち寄ってほしいと呼び掛け...

続きを読む

やんばる滞在日記 第10回 山城建設さん

12月4日 タカアシガニは倉庫内で一旦完成 これで終わりではなくて、ここからがもう一山。 このデカい作品を800m程離れた噴水広場まで移動させなければならない。 実はこの展示場所メッチャいい場所なんやけど物凄い風が強いらしい… この風問題のせいでギリギリまで展示場所が決まらなかった。 風が物凄いって...

続きを読む

やんばる滞在日記 第8回

12月1日 淀川テクニックとして美ら海水族館にタカアシガニを設置予定、そして西野さんとのコラボ作品としてプペル&魚を旧塩屋小学校に設置予定なのだが、今までは2つとも美ら海水族館のある海洋博公園内の倉庫を間借りさせてもらって制作していた。 そして12月から新たな展開! なんとプペル&魚は12月1日に展...

続きを読む

やんばる滞在日記 第7回

22日 京都から、さかもり(というニックネームの子)が来てくれる 僕は京都造形芸術大学でマンデイプロジェクトという授業をしていた時の2017年度のアシスタントとして授業をサポートしてくれた生徒。 ワークショップ「逆デッサン」「移動」「飛ばない凧」 プペルはマンデイプロジェクトで作るねぶたの構造を応用...

続きを読む

やんばる滞在日記 第6回 「助っ人」

11月19日 新たな助っ人が岡山からやってきた。 ミヤビちゃんという女子高生なのだが、すでに淀テクの手伝いは3回目という中々のつわもの。最初2016年岡山県の宇野港にある「宇野のチヌ」という作品のお色直しをした際にこえび隊の一員で参加してくれたのだが当時彼女は中学生だった。そして驚いたのは瀬戸芸を手...

続きを読む

やんばる滞在日記 第5回 「一石何鳥やねん!」

11月18日 名護の市内の宿舎から海洋博公園へ行くまではタツオさんに運転してもらいながら隣でウトウトしていると「あれなに?」という声に起こされる。   なんだこりゃ!!!ということで次の日、少し早めに出発して車を停めて観察。 ゴム手袋にモルタルを持ってよじ登っていたご主人を発見し少しお話を伺うと、最...

続きを読む

戌張り子とDIYおみくじワークショップ

僕は神社でお参りをする時「神様どうかご利益がありませんように!ご利益お断りします!」とお願いすることにしています。だって神様のご利益があって運よく事が運んだとしてもそれは、神様のおかげで自分の実力じゃないからです。 何の援助もなく最悪の状態から一人でスタートしてもがいてるうちに自分でやり方を発見する...

続きを読む

Pin It on Pinterest