やんばる滞在日記 第6回 「助っ人」

11月19日 新たな助っ人が岡山からやってきた。 ミヤビちゃんという女子高生なのだが、すでに淀テクの手伝いは3回目という中々のつわもの。最初2016年岡山県の宇野港にある「宇野のチヌ」という作品のお色直しをした際にこえび隊の一員で参加してくれたのだが当時彼女は中学生だった。そして驚いたのは瀬戸芸を手...

続きを読む

やんばる滞在日記 第5回 「一石何鳥やねん!」

11月18日 名護の市内の宿舎から海洋博公園へ行くまではタツオさんに運転してもらいながら隣でウトウトしていると「あれなに?」という声に起こされる。   なんだこりゃ!!!ということで次の日、少し早めに出発して車を停めて観察。 ゴム手袋にモルタルを持ってよじ登っていたご主人を発見し少しお話を伺うと、最...

続きを読む

戌張り子とDIYおみくじワークショップ

僕は神社でお参りをする時「神様どうかご利益がありませんように!ご利益お断りします!」とお願いすることにしています。だって神様のご利益があって運よく事が運んだとしてもそれは、神様のおかげで自分の実力じゃないからです。 何の援助もなく最悪の状態から一人でスタートしてもがいてるうちに自分でやり方を発見する...

続きを読む

やんばる滞在日記 第4回

11月15日 朝から京都で作った関節のパイプに連結する鉄パイプを購入するために那覇の鋼材屋に向かうが、丁度合うサイズの延長用パイプが見つからない。 足の関節に当たる部分の鉄骨だけ京都で作り、真っすぐなパーツは沖縄で調達する予定だったのだが僕の希望する太さの鉄パイプは本土からの取り寄せで一週間以上かか...

続きを読む

やんばる滞在日記 第3回

14日から作業に突入。 ひとまずプペルは後回しにして、まずはタカアシガニ 総重量130㎏の段ボールを開けてひとまず並べてみる。 何となくカニの形になってテンション上がる。 実は明日15日からヘルプでタツオさんという方が鳥取から来てくれる。 ということは僕が一人で自由に動けるのは今日しかない!という事...

続きを読む

やんばる滞在日記 第2回

ウルトラファクトリーで作ったタカアシガニの骨組みを一度組み立ててみたかったけど、京都で大きなパーツを買ってしまうとそれを沖縄まで送らなければならず、莫大な(僕くらいのアーティストにとって)予算がかかってしまう… なので頑丈な鉄で出来た関節のパーツのみ作って、それを沖縄で購入する長い鉄パイプで継ぎ足し...

続きを読む

やんばる滞在日記 第1回

12月9日に始まったやんばるアートフェスティバル、淀川テクニックとして美ら海水族館で「タカアシガニ」キングコング西野さんとのコラボで旧塩屋小学校に「プペル」を制作した。 一か月以上の滞在制作は今回もめちゃくちゃ面白くてSNSでは伝えきれないこともあるので、忘れないうちに振り替えってみたい。 11月1...

続きを読む

すもうアローン

2015年、東京ワンダーサイトですもうアローンという展覧会を企画しました。 自分が作家としてではなく限られた予算の中でキュレーションする側に回り、作家が集まることでどのようなメッセージが生まれるのか?またどのように集客するのか?など沢山の課題に振り回され、貴重な体験が出来ました。 そして結果的には予...

続きを読む

Pin It on Pinterest