11月はレリーフを制作しています。

レリーフは半立体なので壁に掛けることができ、立体作品よりも飾りやすい、といった見方もあると思います。
実際に、この作品は寝かして置くこともできるし、壁に掛けることもできます。

この作品は、「赤ちゃんと猫」「子どもと犬」という作品で、どちらも素材は陶に彩色したものです。

 

東京に住んでからは動物を飼うことすら考えたこともなかったけど、それまでは田舎で、犬やたくさんの猫たち、うさぎ、鳥たち、魚…といった動物たちと共に成長してきました。その頃のことを思い出しながら制作したので、久々に自分の家に飾っておきたいなー、という作品が出来ました。

こういう平和な作品は、つくっていても癒される。

 

Pin It on Pinterest