丁寧に包みを開くように、白い花が咲いた。

ペンを走らせていると、

鼻唄を歌いながら 自転車が通り過ぎていった。

歌は思い出せないけれど、

くるんと回った線が、なんとなく

ト音記号みたいな形になった。

 

 

「 花と自転車(ト音記号) 」

綿糸, アクリル絵具, ガーゼ, パネル, 他
27.8 x 19.2cm,   2018

 

 

 

 

 

 

Pin It on Pinterest