ニュース

淀川テクニック・柴田×ソトコト編集長・指出さんの対談@「大分で会いましょう。」

淀川テクニック・柴田英昭が雑誌・ソトコトの編集長、指出一正さんと「大分で会いましょう。」にて10月10日、19時より対談させて頂きます。 「大分で会いましょう。」プロジェクトは、全国から多彩なゲストを迎えて大分各地で楽しいおしゃべりを繰り広げる移動型ネットラジオ放送局です。 地元の人たちとも交流し、そこから新しい企画も生まれる。大分のリアルな情報発信局です。 対談のテーマは「川」。九州屈指の清流として知られている大分県南を流れる番匠川。 編集者とアーティストが川や水について語ります。 詳細はこちらから:「大分で会いましょう。」...

続きを読む

メディア掲載情報:いしかわ、大畑、吉田、淀川テクニック

いしかわかずはる:月刊ギャラリー ・9月号、通巻400号記念企画 「日本で発表されているアート400選 PART2」 大畑伸太郎 : 月刊アートコレクターズ・9月号巻頭特集「古今東西 老若男女 人物画表現セレクション」 吉田朗 :月刊ギャラリー ・9月号、通巻400号記念企画 「日本で発表されているアート400選 PART2」 淀川テクニック :月刊ギャラリー ・9月号、通巻400号記念企画 「日本で発表されているアート400選 PART2」 いしかわかずはる 大畑伸太郎 吉田朗...

続きを読む

淀川テクニックが広島日野自動車株式会社さまのキャラクター「ひのっ子」を廃棄物で制作しました!

淀川テクニックが広島日野自動車株式会社さまのご依頼により同社のキャラクター「ひのっ子」を廃棄物のみで制作しました。作品に使われている材料は全て同社の関連工場から排出された車の部品などの廃棄物です。 淀川テクニックによる「ひのっ子」 2018年作 260×135×165cm...

続きを読む

吉田朗 @山形ビエンナーレ関連展示「カフェのような、彫刻のような」

吉田朗がみちのおくの芸術祭「山形ビエンナーレ」関連のグループ展「カフェのような、彫刻のような」に出品致します。 AGAIN-ST第8回企画「カフェのような、彫刻のような」 会場=NEL MILL 東北芸術工科大学 芸術研究棟Cギャラリー(ROOTS & technique) 〒990-9530 山形県山形市上桜田3丁目4-5 日時=期間中の金・土・日・祝日(9/1, 2, 7, 8, 9, 14, 15, 16, 17, 21, 22, 23, 24) 10:00~17:00 出品作家: L...

続きを読む

吉田朗・個展「Play with soft toys」

吉田朗の個展「Play with soft toys」がHIROUMI (東京都荒川区南千住6-25-13 )で2018年7月7日から7月27日まで開催されます。是非ご来場ください! 展覧会名:吉田朗「play with soft toys 〜cut & paste,attach LED neon and polyhedra 〜」 会 期 : 2018.7.7(土) – 7.27(木)11:00–17:00 会 場 : HIROUMI (東京都荒川区南千住6-25-13 ) 閉廊 日曜日...

続きを読む

淀川テクニック、国連・世界環境デーのため作品を展示@日本テレビ2階ロビー

淀川テクニックが6月5日の「世界環境デー」のため、国連環境計画(UN Environment)の依頼を受けて日本テレビ2階ロビーにて作品を展示致します。今回は2012年、モルディブ共和国初の現代美術展「呼吸する環礁 - モルディブ・日本 現代美術展」に際しモルディブのゴミで制作された「サザレウオ」を出品致します。是非ご来場ください。(入場無料) 展示期間: 2018年6月2日〜5日まで ※6月2日、3日は日本テレビのお天気キャラクター「そらじろう」のイベント「そらフェス」内で展示されます。 場  所:...

続きを読む

GW直前★ いしかわかずはる作品群 in アートの島・直島!

瀬戸内海に浮かぶアートの島・直島にはいしかわかずはるが毛糸を使い、民家の壁や外壁などに施した作品群があります。いしかわは様々な場所へ出向き、その場にあった作品を制作して、生み出された線が世代や国境を越えて人々の心をつないでいくことを目指すプロジェクト「線の旅」を行っています。アートの島・直島での最初の作品「少年くん」が制作されたのが2006年。作品は現在では7カ所に増え、今年で活動開始から12年がたちました。このゴールデンウイーク、直島へ観光される方は是非こちらの地図を参考に、作品巡りをしてみてください。そして作品の写真やご感想を...

続きを読む

Pin It on Pinterest