大畑伸太郎

Statement

1975年、広島県生まれ。(読み:おおはたしんたろう) 日常にあふれる様々な「光」を捉え、何気ない風景を映画のひとコマのように描く画家。その表現は作品の中に光源が仕込まれているのではないかと見まがうほど秀逸。朝焼けや夕焼けなどの自然の「光」から、夜のコンビニエンスストア、雨の日のアスファルトの照り返し、明け方のファーストフード店の明かりなど、ごくありふれた光景を「光」を通して実にドラマティックに表現する。まるで「飛び出す絵本」のように画面の中の登場人物を立体で表現し、絵画と立体=2次元と3次元を組み合わせてひとつの世界として表現するのは大畑のトレードマーク的スタイル。「自分の作品の世界観を、見てくださる方にもっとリアリティを持って感じて頂くにはどうすべきか?と模索していた時、映画や舞台の書き割りからインスピレーションを受けたことがきかっけとなり、このスタイルでの制作をはじめました。立体を絵画の手前に置くことで、絵の中の空気、世界観をより臨場感を持って伝える事が出来るのではないかと考えたのです。」と語る。アメリカの某カルチャー誌で表紙を飾り、特集が組まれるなど海外からの取材も多く、作品を保持するコレクターも世界の各地に広がっている。その独特の世界観とスタイルは国境を越えて支持されており、今後の活躍が見逃せない要注目のアーティストである。⇒ 大畑伸太郎・ブログ

Works

 BIOGRAPHY

Shintaro Ohata portrait

【略歴】

1975年
広島生まれ

  EXHIBITIONS & ART FAIRS

【主な個展】

2004年
デザインフェスタギャラリー、東京
2005年
ペーターズギャラリー、東京
2007年
「ひかり」 ユカリアート・コンテンポラリー、東京
2008年
「さよなら三角」 ユカリアート・コンテンポラリー、東京
2010年
「Luminous」 gallery4walls、ソウル、韓国
2011年
「生活」 ユカリアート・コンテンポラリー、東京
2012年
「Polaris」 アートフェア東京・ユカリアートブース内、東京
2013年
「if」 オンライン新作展、ユカリアートWEBサイト内
2014年
「境界線」 二子玉川ライズ・オフィス棟エントランスホール、東京(企画・ユカリアート)
2015年
「はじまりのつづき」 銀座幸伸ギャラリー、東京(企画・ユカリアート)
2016年
「Light and shadow」 アートフェア東京・ユカリアートブース内、東京
2017年
「Time is color」 銀座幸伸ギャラリー、東京(企画・ユカリアート)
2018年
「Resonate」MIZUMA GALLERY、シンガポール
2019年
「Replay」銀座幸伸ギャラリー、東京 (企画・ユカリアート)
2019年
「SHINTARO OHATA SOLO EXHIBITION」ユカリアートミニ、東京
2020年
「SHINTARO OHATA SOLO EXHIBITION」ユカリアートミニ、東京
2021年
「The place where it begins」 ERETA Museum of Contemporary Art       サンクトペテルブルグ、ロシア
2021年
「SHINTARO OHATA SOLO EXHIBITION」ユカリアートミニ、東京

 

【主なグループ展】

2004年
デザインフェスタギャラリー、東京
2006年
「SCOUTED!2 大畑伸太郎 田代裕基」 produced by yukari-art、ギャラリーエス、東京
2007年
ギャラリーAPA 2人展、名古屋
「十人十色 by YUKARI ART CONTEMPORARIES」 ギャラリーエス、東京
2009年
「TONARI(隣):Their personal episode」 gallery4walls、ソウル、韓国
2010年
ユカリアート・コンテンポラリー ギャラリーオープン3周年記念展覧会 vol.1
「素晴らしき哉、人生。 it’s a wonderful life!」 ユカリアート・コンテンポラリー、東京
2011年
「帰ってきた りったいぶつぶつ展 ~現代作家による立体アート~」 Bunkamura Gallery、東京
2012年
「ジパング展・沸騰する日本の現代アート」新潟県立万代美術館、新潟
2013年
「ジパング展・沸騰する日本の現代アート」 高崎市美術館、群馬
「ジパング展・沸騰する日本の現代アート」 秋田県立近代美術館、秋田
「ワンダフル・マイ・アート ー 高橋コレクションの作家たち」     河口湖美術館、山梨
2014年
「20 YEARS」Ginat Robot Gallery、ロサンゼルス、アメリカ
「Sweet Paradox」MIZUMA GALLERY、シンガポール
2016年
「眼差しと好奇心―anomaly―」ミヅマアートギャラリー、東京
2017年
「Treasure hunting―宝物を探しにー」日本橋タカシマヤ、美術画廊X、新宿タカシマヤ、美術画廊、東京
2021年
「果てしない眼差し」ミヅマアートギャラリー、東京
「Femme fatale展」フェイアートミュージアムヨコハマ、横浜

【主なアートフェア】

2006年
NADAアートフェア、マイアミ、アメリカ
2007年
ART@AGNES 2007、東京
東京コンテンポラリーアートフェア2007、東京
2008年
101 Tokyo Contemporary Art Fair 2008、東京
2009年
アートフェア東京2009@TOKIA、東京
ART TAIPEI 2009、台北、台湾
東京コンテンポラリーアートフェア2009、東京
2010年
アジアトップギャラリーホテルアートフェア香港、香港
KIAF, Korea International Art Fair 2010、ソウル、韓国
エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ウルトラ」003、東京
2011年
アジアトップギャラリーホテルアートフェア香港、香港
2012年
アートフェア東京2012、東京
ART KYOTO、京都
2013年
SNIFF OUT 2013、大阪
2014年
SINGAPORE ART FAIR、シンガポール
2015年
アートバーゼル香港2015、香港
2016年
アートフェア東京、東京
2017年
アートステージシンガポール、シンガポール
2019年
LA Art Show 2019、ロサンゼルス
2020年
LA Art Show 2020、ロサンゼルス

AWARDS

【主な受賞・入賞歴】

2004年
GEISAI#6 ゆず 北川悠仁賞受賞
2005年
GEISAI#7 美術手帖賞受賞
2006年
GEISAI#10
yukari-art,lnc賞
WWDジャパン賞
電通賞
GIANT ROBOT賞
2009年
Celeste Prize 2009, Shortlisted Prize (installation & sculpture)

Commission Works

【主なコミッションワーク】

CDジャケット

2001年
「Daylight」篠原りか アルバムジャケットイラスト
「水曜日のワイン」篠原りか マキシシングルジャケットイラスト

装画

2004年
「夜はもう明けている」駒沢敏器著、角川書店
2007年
「文字の都市 世界の文学・文化の現在10講」柴田元幸 編著、東大出版会
2018年
「Tokyo Soundtrack」古川日出男著、イタリア語版表紙、Sellerio社

COLLECTION

【パブリックコレクション】

高橋コレクション
ERARTA Museum of Contemporary Art

Related Articles

ERARTA美術館 Instagram アカウント内の大畑展キャンペーン

ERARTA美術館 Instagram アカウント内の大畑展キャンペーン

サンクトペテルブルグにあるロシア最大の現代アート美術館 エラルタ美術館(ERARTA Museum of Comnremporary Art)で開催中の大畑伸太郎個展を記念し、美術館のインスタグラムアカウント上でキャンペーンが行われました。 抽選で大畑の作品カタログがもらえるこのイベントには大変多くの方にご応募いただき、ありがとうございました。 キャンペーンは終了しましたが、ロシア人の愛らしい少女が登場する展覧会風景の動画をぜひお楽しみください! 展覧会の詳細はこちらから:大畑伸太郎・個展「The place where it...

《メディア掲載情報》大畑個展 ・サンクトペテルブルグ ERARTA美術館

《メディア掲載情報》大畑個展 ・サンクトペテルブルグ ERARTA美術館

サンクトペテルブルグにあるロシア最大の現代アート美術館、ERARTA Museum of Contemporary Artで開催中の大畑伸太郎の個展 " The place where it begins" 展の主なメディア掲載情報をまとめました。 《ニュース動画》 Smotrim (The Culture's tv channel website) https://smotrim.ru/article/2571941 Санкт-Петербург   ...

Pin It on Pinterest