淀川テクニック

Statement

柴田英昭(しばたひであき、1976年岡山県生まれ)のアーティスト名。2003年、柴田が大阪文化服装学院で1学年下の友人であった松永和也(まつながかずや、1977年熊本県生まれ)に声をかけ、大阪・淀川の河川敷を拠点としたアートユニットとして活動をスタートした。現在は柴田によるソロ活動。 ゴミや漂流物などを使い、元のゴミの姿からは想像もつかないような見事な造形物を制作する。赴いた土地ならではのゴミや人々との交流を楽しみながら行う滞在制作を得意とし、岡山県・宇野港に常設展示された「宇野のチヌ」「宇野の子チヌ」は特によく知られている。また、東日本大震災で甚大な津波被害を受けた宮城県仙台市若林区で地元の方々の協力のもと被災した防風林を使った作品を制作した。その他、「釜山ビエンナーレ」(2006)やインドネシアで開催された日本現代美術展「KITA!!」(2008)、ドイツ・ハンブルグと大阪で同時開催された「TWINISM」(2009)、モルディブ共和国初の現代美術展「呼吸する環礁ーモルディブ・日本現代美術展ー」(2012)など海外での展覧会参加も多い。「GEISAI#5」銀賞、「キリンアートプロジェクト2005」グランプリ受賞、岡本太郎現代芸術賞入選(2009)、「平成21年度 咲くやこの花賞」受賞などますます注目を集めている。その活動や作品は国内外のテレビ、新聞などのマスメディアで多く取り上げられている他、小学校や中学校の美術の教科書でも大きく紹介されている。柴田は「コラージュ川柳」の発案者・考案者でもあり、その独創的なアイデアを活かした様々なワークショップを全国各地で開催するなど幅広く活躍中。

Works

BIOGRAPHY

【略歴】

柴田 英昭(しばた ひであき)

1976年
岡山県生まれ
1998年
大阪文化服装学院卒業
2003年
松永和也(1976年、熊本県生まれ)とアートユニット「淀川テクニック」を結成
2011年
「コラージュ川柳」発案
〜現在
ソロアーティストとして「淀川テクニック」の活動に邁進中

EXHIBITIONS & ART FAIRS

【主な個展】

2004年
「ゴミ淀川産展」、淀川区民ギャラリー、大阪
2006年
「アートのジゴロ」、海月文庫、大阪
2008年
「ダイアモンドダスト」、ユカリアート・コンテンポラリー、東京
2012年
アートフェア東京・ユカリアートブース内、東京
「はやくゴミになりたい」、ART ZONE、京都
2013年
「無人島のゴミをアートが喰らう!?」展、鞆の津ミュージアム、広島
2016年
「淀川テクニック・ゴミュニケーション in 熊本」展、熊本市現代美術館、熊本

【主なグループ展】

2003年
「淀川フェスティバル」、大阪
2005年
「ARTBEAT KYOTO 2005」、元・立誠小学校、京都
「キリンアートプロジェクト2005」、タマダプロジェクトアートスペース、東京
「キリンアートプロジェクト2005」、KPOキリンプラザ大阪、大阪
2006年
「人力ロボット計画」、中津アートカクテル、大阪
「THE EXPOSED」、 CASO、大阪
「デジタルスタジアム」、NHK BS2(テレビ)
「SCOUTED! 施井泰平×いしかわかずはる×淀川テクニック」produced by yukari-art、ギャラリーエス、東京
「釜山ビエンナーレ2006」、釜山、 韓国
「取手アートプロジェクト2006 一人前のいたずら −仕掛けられた取手−」、旧戸頭終末処理場、茨城
「DIGITAL ART FESTIVAL TOKYO 2006」、パナソニックセンター東京、東京
2007年
「アーティストのゆく年きた年」、青の奇蹟、東京
「おててつないで」展、牙狼画廊、神奈川
旧中工場アートプロジェクト「わたしの庭とみんなの庭」展、広島市中区吉島学区・吉島東学区各所、広島
「水の情景-モネ、大観から現代まで」展 、横浜美術館、神奈川
「十人十色by YUKARI ART CONTEMPORARIES」、ギャラリーエス、東京
「淀コレ`08」、スペース草、大阪
「淀川ことわざ道場」、中津アートカクテル、大阪
「ECO ART FESTA OSAKA 2007」、天保山岩壁、大阪
「湖族の里アートプロジェクト」、大津市堅田、滋賀
2008年
「アーティストのゆく年きた年2008」、青の奇蹟、東京
「KITA!! Japanese Artists Meet Indonesia」、ジョグジャ・ナショナル・ミュージアム、インドネシア
「ECO縁日2008」、大阪市立環境学習センター周辺および自然体験観察園、大阪
「ともに生きる −欲望・矛盾・創造− ~都市 自然 人 食 メディア~<開館20周年記念>」、川崎市市民ミュージアム、神奈川
「ECO ART FESTA OSAKA 2008」、天保山ハーバービレッジイベント広場、大阪
2009年
「第12回岡本太郎現代芸術賞展 TARO賞」、川崎市岡本太郎美術館、神奈川
「名港ミュージアムタウン」、築地口商店街界隈~名古屋港ガーデンふ頭、名古屋
「混浴温泉世界 別府現代芸術フェスティバル2009」、大分県別府市内各所、大分
「明るい無常観」、京都芸術センター、京都
「TWINISM」、クンストハウスハンブルグ、ハンブルグ、ドイツ
「TWINISM」、AD&A gallery、大阪
「それってゴミ? ー境界に漂うアート。そして社会に漂うゴミたち。」(トーキョーワンダーサイト主催)、国際連合大学1階 地球パートナーシッププラザ(GEIC)、東京
「水都大阪2009」、中之島周辺、大阪
「ECO ART FESTA OSAKA 2009」、大阪湾周辺、大阪
2010年
「モザイクスプリングアートフェスタ2010」、神戸ハーバーランド神戸モザイク、兵庫
「瀬戸内国際芸術祭2010」、瀬戸内海の7つの海+高松、香川、岡山
「開館35周年記念事業 美術の中の動物たち Animals in Contemporary Art」、尼崎総合文化センター、兵庫
「咲くやこの花芸術祭2010」、大阪市中央公会堂、大阪
「ECO ART FESTA OSAKA 2010」、天保山ハーバービレッジイベント広場、大阪
2011年
ユカリアート・コンテンポラリー ギャラリーオープン3周年記念展覧会 vol.2「ゴミとITとわたし」、ユカリアート・コンテンポラリー、東京
「おおさかカンヴァス推進事業」、大阪府内各所、大阪
「Haut. Mythos und Medium」、クンストハウスハンブルグ、ハンブルグ、ドイツ
「卸町ART FESTA.2011」、仙台市若林区卸町、宮城
「ECO ART FESTA OSAKA 2011」、天保山ハーバービレッジイベント広場、大阪
東京デザイナーズウィーク2011「エルピスの空」展、明治神宮外苑、東京
飛鳥アートプロジェクト2011「ASUKA・タイムトラベル」、国営飛鳥歴史公園・高松塚周辺地区、明日村、奈良
2012年
「呼吸する環礁ーモルディブ・日本現代美術展ー」、モルディブ国立美術館、マレ、モルディブ
「日本・モルディブ現代美術展の帰国展」、スパイラルガーデン、東京
「リサイクルリサイタルー幸せ時間の共有ー展」、鞆の津ミュージアム、広島
「おおさかカンヴァス推進事業」、大阪府内各所、大阪
2013年
「アートリンクプロジェクト」、奈良県文化会館、奈良(柴田英昭のみ)
Recover & Rebuild Japanese art & design 第1回東日本大震災チャリティ展「Monster展」、渋谷ヒカリエ8/COURT、東京
ツムテンカク「淀川テクニック 新世界!ゴミゴミ☆キャンプ」、大阪
Recover & Rebuild Japanese art & design"MONSTER Exhibition 2013 in NY"、アメリカ
「MOTコレクション」、東京都現代美術館、東京
「みなとの物語ー咲くやこの花賞受賞者、フランス新鋭作家展」、クリエイティブセンター大阪、大阪
2014年
「第7回 岡山県新進美術家育成「I氏賞」選考展」、岡山県天神文化プラザ、岡山(柴田)
映画「沖縄美ら海水族館」公開記念ワークショップ、イオンシネマ・高の原、京都
「アートキティパレード(Art Kitty Parade)」うめきた広場、グランフロント大阪、
大阪
「ノスタルジー&ファンタジー 現代美術の想像力とその源泉」、国立国際美術館、大
「Sweet Paradox」、MIZUMA GALLLERY、シンガポール
「Very Fun Park2014」、松山文化公園、台湾
「Kunst&Byrum Helsingor 2014 The life in the Sound」、ヘルシンガー、デンマーク
「京都国際映画祭 -映画もアートもその他もぜんぶ-」、元・立誠小学校、京都
「鳥取藝住祭・成徳AIR」成徳小学校、鳥取(柴田)
「もったいないフォーラムin真庭」、勝山文化センター、岡山
「ゴミも光る!」中之島バンクス、大阪
2015年
「すもうアローン」、トーキョーワンダーサイト本郷、東京(柴田)
「淀川テクニックと動物を作ろう!」地球国際環境フォーラム、都島区民センター、大阪
「ムジカピッコリーノ」スタジオセット、NHK Eテレ
「いのちの交響」金剛峰寺、高野山、和歌山県
「六甲ミーツアート2015」、元六甲オリエンタルホテル中庭、兵庫
「Further toward the future」MIZUMA GALLERY、シンガポール
「のせでんアートライン妙見の森2015」、妙見の森ふれあい広場、兵庫
「京都国際映画祭 2015」京都市水族館、京都
「みんなの靴が魚になる!」アクティブG、岐阜
「ゴミも光る!2」、中之島バンクス、大阪

【主なアートフェア】

2007年
ART@AGNES 2007、東京
2008年
東京コンテンポラリーアートフェア2008、東京
2009年
ART TAIPEI 2009、台北、台湾
エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ウルトラ」002、東京
2010年
アジアトップギャラリーホテルアートフェア香港、香港
アートフェア東京2010、東京
KIAF, Korea International Art Fair 2010、ソウル、韓国
2011年
アジアトップギャラリーホテルアートフェア香港、香港
2012年
アートフェア東京2012、東京
ART KYOTO、京都
ART OSAKA 2012、大阪
2013年
SNIFF OUT、大阪
2014年
シンガポールアートフェア、シンガポール
2015年
バザーアートフェア、ジャカルタ、インドネシア
2017年
アートステージシンガポール、シンガポール

AWARDS

【主な受賞・入賞歴】

2002年
「アートビートリバープレイス」、ぴあ賞(松永)
2003年
「GEISAI#3」、東京FMスカウト賞(柴田)
「GEISAI#4」、毎日新聞社くりくりスカウト賞(柴田)
2004年
「GEISAI#5」、銀賞
2005年
「キリンアートプロジェクト2005」、グランプリ
2006年
「GEISAI#9」、yukari-art,Inc.賞をはじめとする3スカウト賞
2009年
「第12回岡本太郎現代芸術賞」、入選
平成21年度「咲くやこの花賞」受賞
2012年
「SUSTAIN sculpture commission for LDN's Chinatown」、最終選考賞、ロンドン、英国

COLLECTION

【パブリックコレクション】

ジョグジャ・ナショナル・ミュージアム(ジョグジャカルタ、インドネシア)
高橋コレクション(東京)
宇野港(岡山)
宇治島(広島)
鞆の津ミュージアム(広島)
国立国際美術館(大阪)
北加賀屋みんなのうえん(大阪)

【出版物など】

NHK・Eテレ「ムジカピッコリーノ」スタジオセット制作(2015・16年度)
「淀ブック」淀川テクニック+ARTZONE著、ARTZONE刊
小学校低学年むけの図画工作の教科書・「ずがこうさく・1、2」開隆堂出版や「中学美術」日本文教出版刊(中学生の美術の教科書)で活動紹介と作品の掲載
「瀬戸内国際芸術祭2013」日本郵便オリジナルフレーム切手のデザインのひとつとして作品「宇野のチヌ」を採用
「旅×アートVOL.1」ムック表紙、メディアパル刊
その他、新聞・雑誌などでの活動紹介、テレビ出演、ワークショップ、トークイベントなど多数。

Related Articles

熊本地震から1年

熊本地震から1年

2016年4月14日、熊本地方を中心に発生した強い地震から丸1年がたちました。 当時、熊本市現代美術館では淀川テクニックの個展「淀川テクニック・ゴミュニケーションin熊本」が開催中でした。 被災した地域の復興が1日も早く進みますように! 2016年4月14日...

淀川テクニックの作品が表紙の電子書籍「NIE ページの先に」発売のお知らせ!

淀川テクニックの作品が表紙の電子書籍「NIE ページの先に」発売のお知らせ!

淀川テクニックの作品が表紙を飾る電子書籍「NIE ページの先に」(阿部和久先生著)が発売されました! (表紙デザイン:岩井哲(書肆犀) 作品:淀川テクニック 画像:Amazonより転載。) 阿部先生による山形新聞の人気コラムを大幅に加筆修正したNIE-Newspaper In Educationにまつわるエッセイで、淀川テクニック・柴田英昭考案の「コラージュ川柳」もご紹介頂きました。 Amazon...

淀川テクニック・柴田考案のコラージュ川柳 @山形新聞コラム「ページの先に」

淀川テクニック・柴田考案のコラージュ川柳 @山形新聞コラム「ページの先に」

山形新聞で連載中のコラム「ページの先に」(執筆者 阿部和久先生)で淀川テクニック・柴田英昭が考案したコラージュ川柳を複数回に渡りご紹介頂きました。2月6日・27日のコラムでは淀川テクニックの活動や考案者・柴田へのインタビューも登場!今後の連載にも是非ご注目ください。...

Pin It on Pinterest