2018年師走、

京都市上京区大宮通椹木町上る菱屋町。

Art Fiber Endo さんにお招き頂き、作品制作。

 

お店の糸、どれでも自由に使っていいよ とのこと。

まるで、お菓子の家に来てしまったかのような夢のような贅沢に

クラクラしつつも、集中!集中!

 

あんまり迷惑かけないように

短時間で効率よく済むように

練りに練ってきた計画を、現場で覆す。案の定。

現物に触発される感覚。

 

目の前には、いい感じの 葦戸 。

古い物だが、軽くて頑丈。

京の暮らしのあちらとこちらの間を仕切る。触れて開く扉。

閉じていたって、風が通る。

ぐるりと山に守られたこの辺り。

応仁の乱の時は大変だったらしいけど、

町は、ずーっと続いてきた。

見えない糸を手繰り寄せてみる。

 

これが、この度のキャンバス。コラボするのだ。

桟の凸が厄介だから、

なるべく避ける計画だったが、ノンノン!

取り組むことに決めたから、さあ、大変。

ごっつい縄を用意して来たが、

繊細な手染めの糸に惚れてしまったから仕方ない。

知らない間に、お店の人も、カメラマンさん二人も、もうとっくに覚悟してくれていた...。

 

遅くまでお店を使わせてもらい、かつ、宿に持ち込み、

コツコツコツコツ。

久しぶりに、関西弁の環境だからなのか、

秘密基地を作るような、学園祭前のような、みんなで夜食を食うような懐かしい感覚。

野郎共、ありがとね。

 

 

柔らかな手染めの麻の糸。最終的には目立たなくなる役。

それを丁寧に何層も重ねて、ようやく準備完了。

 

最上層は、綿の糸。

日差しに輝く京の秋を頂いたような明るい鮮やかな赤、黄、白、橙。

店長さんが鼻唄歌いながらちゃちゃ〜っと染め上げたのだそうだが、

その気楽さが、とっても良い感じ。

ランダムなグラデーションが楽しく映える。

 

文字のところに、組紐。

 

 

「看板を作る」という使命はあったものの、

随分好き勝手に、いろんな試みを注ぎ込ませてもらいました。

糸で糸を描くというのも、初。

個人的には、

屋外作品であり屋内作品にもなれる というところにグッと来ています。う〜ん、ハイブリットォォォ〜。

お店の人の判断で、通りに出ていたり、

入り口に立て掛けられたり、店内に飾られたり、

或いはどこかに出張ることもあるかも。

Art Fiber Endo 店舗営業時間中は、どなた様でもご覧いただけますので、ぜひぜひお越しやす。

 

そうそう、

今回、Art Fiber Endo さんの熱烈な希望により、動画を撮影しました。

旅番組風の仕上がり。

界隈を散歩して、鯉と戯れたり、旧〜い仁丹の看板に萌えたり...

編集の都合上カットされたシーンもまた良き想ひ出也。

 

撮影中、タイトルを述べるこのタイミング。

正に、空からキラリと降ってくるように浮かんだ名前。

それが「看板娘」。

この町で、愛される存在になってほしいなと思います。

 

 

「 看板娘 」

2018,  糸 on 葦戸,  170 x 50 x 5 cm.

Artist is いしかわ かずはる

photo by 後藤巧

movie by documentary labo

supported by Art Fiber Endo & YUKARI ART

special thanks to 京都の皆さん

 

 

Pin It on Pinterest