ユカリアート

Director/代表

portrait by Ami KO

三潴ゆかり(みづま・みつまゆかり)

東京都出身。早稲田大学商学部卒業後、NYとロンドン(Sotheby's Institute of Art)に留学しアートを学ぶ。
2005年、ユカリアートの前身 "yukari-art,inc"を設立し現在に至る。

関連記事(抜粋)

2006年 渋谷文化プロジェクト 「渋谷で出会う ポーラ美術館の印象派コレクション展」×みつまゆかり

2009年 cinra.net
「ポケットマネーでアートを買う! vol.1 YUKARI ART CONTEMPORARY」

ブログ YUKARI MIZUMA

(旧ブログ ユカリアートblog

About/ユカリアートについて

ユカリアートは東京を拠点に現代美術家のマネジメントや作品の販売、展覧会の企画・開催を行っています。
2005年に前身となるyukari-art, inc.を設立し、国内外の幅広いジャンルのアーティストや在日外国文化機関などと様々な活動をした後、2007年にYUKARI ART CONTEMPORARYと名称を変更。マネジメントアーティストを日本で活動する若手現代美術家に絞りこみました。同年にギャラリースペースをオープンし、2011年にはユカリアートとして更なるリニューアルを行い、今日に至るまで日本や海外のアートフェアにも積極的に参加しています。
現在はアーティストの活動の範囲が広がり、マネジメント分野の必要性が高まったことやディレクター(代表)の生活拠点が国外にあることから画廊の運営はお休みしています。
「少ない数のアーティストを丁寧に扱う」ことをモットーに、現在6名の作家が在籍し、各方面で活躍中です。

Director's message/ディレクターからのメッセージ

ユカリアートのWEBSITEへようこそお越しくださいました!

今からちょうど10年前の2007年、私がマネジメントアーティストを自らと同じ世代の若手に絞ったのは、取り扱う作品をより自信と説得力をもって紹介するためでした。仕事をはじめた当初はかなり年の離れた先輩方の作品も扱わせて頂きました。また、主に日本ではなく海外でアートを学んだため、様々な国のアーティストの作品も取り扱っていました。それはとても楽しく、実りの多い経験でしたが、彼らが生きてきた時代や環境を自分自身が実際に体験してないことに何か違和感やもどかしさのようなものも多く感じていたのです。

» 続きを読む

アート作品は決して安いものではなく、生活必需品でもありません。
「お客様に高いお金を出して頂くからには人として信頼のおける仕事がしたい。」
「心から自信を持って作品をご紹介したい。」
そのためには
「自分自身が取り扱う作品を最大限に理解し、可能な限りアーティストの代弁者になる必要がある。」
そう考えた私は、生きてきた時代背景が自分と近く、より似た感覚を共有した同世代の作家に絞ることにしました。

あれから10年。出会った頃は20代だった私達も気づけば世の中の中核を担う世代となりました。独身だった作家が結婚して子持ちになったり、逆に家族の誰かを見送らなければならなかったり・・・。アーティストの仕事ぶりだけではなく、人としての歴史も共有してこられたことは私の誇りであり、彼らは家族同様の存在です。

ユカリアートを設立した最初の時から今に至るまで、自分の姿勢として変わっていないのは「小さいけれど魅力的な存在(会社)」であることです。世界中どこにいっても名を知られている大きなチェーン店にはならないけれど、街に必ずひとつはある小さなこだわりのお店のひとつでいたいのです。また、私達が生きる今、この時代は激動の時代です。この激動の時代において作品をみるひとときはせめて、凝り固まりがちな心を思いっきり動かしてほしい。そして何かしらポジティブなプラスの刺激を受けて頂きたい。そんな作品を扱うことも私が一貫してきたことです。

共に仕事をするアーティスト達は大量生産・効率性の時代にそぐわない職人気質のものが多く、こだわりをもった手作業を行っています。その分、作品の絶対数は少なくなります。そこで作品は「お売りする」「買って頂く」のではなく、その作品と作者、さらには私達と心が通った方に「お分けする」という感覚でいます。ですからユカリアートでは基本的に作品を販売するための営業活動はしません。アート作品というものは自主的に「欲しい」と思って買って頂くものであり、こちらから買ってもらおうとするものではないと考えているからです。これまでも、そしてこれからも、私達の活動に共感してくださるご縁のあるお客様と貴重な作品を、ひとつずつ丁寧につなげて参ります。

世界には様々な国・民族・文化があるように、アーティストも彼らが産み出すアート作品も、彼らをマネジメントし作品を取り扱う私達のあり方も同じで多様性が認められるべきです。世界中に星の数ほど存在するアーティストの中から「時代を読み解く鋭い感性を持ちながら、時代にはそぐわないこだわりを持った希少生物のようなアーティスト!」の活動をサポートすることが私、そしてユカリアートの仕事です。私達の活動が同じような感覚を持った方々のレーダーにかかり、「この作品、アーティスト、なんかいいなあ」と思って頂く事。そうやってどなたかの心が動き、小さな「いいね!」の連鎖がつながっていってくれたら本望です。

もしユカリアートのアーティストの中からお気に入りをみつけたら、ひとつでも好きな作品をみつけたら、SNSで「いいね!」を押したり、「share」したり、あなたのお好きなやり方で周りの方にひろめて頂けたらうれしいです。小さな応援の積み重ねが大きな力となり、アーティストを支え、新たなインスピレーションの源となります。

そしてもちろん、実際に作品を手にする余裕をお持ちであればどうぞあなたの家族として作品を迎え入れ、周りの方々に見せてさしあげてください。作品を買って頂く事はアーティストが次の作品を制作する直接的な糧になり、大きなサポートになります。

最後に、ユカリアートは現在、画廊の運営をお休みし、マネジメントと作品の取り扱い業務に専念しています。アーティストの画廊外での活躍が日増しに増え、マネジメントの重要性が増してきた時期と重なるようにして東日本大震災が発生しました。入居していた古い建物の耐久性に問題が出たことが一時休廊のきっかけですが、そこへ偶然にも私の個人的な生活の拠点が海外へと移ったことも重なりました。生の舞台の感動にかなうものはないように「ライブ感」「五感をフルに使って身体で感じる事」は生涯大切にしていきたいと考えており、いずれ画廊は再開する予定です。

ただ、おかげさまで前身となる会社を設立してから画廊の運営をお休みしている現在まで10年以上、ゆっくり、でも着実に会社は発展し、皆様方からご支援を頂き続けています。これはインターネットの時代によるところも大きく、なんとも面白い時代を生きているものだと日々実感しています。

2005年から画廊をベースとした活動を行ってきましたが、どんなに「多くの方に作品を見て頂きたい!」と願い、様々な試みを行っても、実際に画廊の門をくぐることができる方の数は非常に限られていました。そのため、もとより作品数の少ないユカリアートの作家の作品を画廊を中心に見せていくことには限界を感じていました。それがインターネットの力により、まだ訪れたことがない国々の方からもたくさんの反応を頂けるようになりました。さらには実物を一度もご覧になったことがないお客様が多くの作品を所有してくださっています。それは画面を通してでも、アーティストが魂を込めて制作したひとつひとつの作品に込められたメッセージや思いが観てくださる方に伝わっている、ということなのでしょう。この度10年目の節目を迎え、ユカリアートのウェブサイトをリニューアル致しました。さらに多く皆様との出会いを心から楽しみにしています。

ユカリアートはこれからも自由きままに、どこにも何にも縛られる事なく、自分達のペースとやり方で前進して参ります。
私達の活動が世界中の皆様の心に少しでも触れる事ができますように!

» 閉じる

HISTORY/沿革

【ユカリアート】

2005.5
アーティストマネジメントと展覧会企画を行う
「yukari-art,Inc.」を設立
・日本におけるドイツ年「ドイツ×サッカー×アート展 〜サッカーを通してみるアートとドイツ〜」(2006年1月)、
・イタリア文化会館「地上の楽園 〜the garden of the eden〜」展
(2007年2月)などを企画、開催。
2007.10
東京都目黒区鷹番に「YUKARI ART CONTEMPORARY」
をオープン
2011.11
ギャラリー前身となる「yukari-art,Inc.」設立6周年、
ギャラリーオープン4周年を契機に更なる発展を目指し
「ユカリアート/YUKARI ART」としてリニューアルスタート
〜現在に至る

【主なアートフェア】

2007年
アート@アグネス2007
(YUKARI ART CONTEMPORARYの前身yukari-art,incとして)
東京コンテンポラリーアートフェア2007
2008年
101 TOKYO Contemporary Art Fair 2008
東京コンテンポラリーアートフェア2008
2009年
アートフェア東京2009 @ TOKIA
アート台北2009
エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ウルトラ002」
東京コンテンポラリーアートフェア2009
2010年
アジアトップギャラリーホテルアートフェア香港
アートフェア東京2010
KIAF, Korea International Art Fair 2010
エマージング・ディレクターズ・アートフェア「ウルトラ003」
2011年
アジアトップギャラリーホテルアートフェア香港
ART OSAKA 2011
2012年
アートフェア東京
ART KYOTO
ART OSAKA
2013年
Sniff Out
2016年
アートフェア東京

ユカリアート公式SNS

YUKARI ART/ユカリアート

※ユカリアートに関する全てのお問い合わせはメールにて承ります。CONTACTページよりご送信ください。なお、急な取材や仕事のご依頼には対応出来かねますので、余裕を持ったスケジュールでの問い合わせをお願い申し上げます。

154-0001

東京都世田谷区池尻2-2-10-501

Tel +81(0)3 6421 3341

Pin It on Pinterest